株式市場の動きに左右されずに利益をあげる

昨年の後半から今年にかけては概ね好調な相場が続いているため、それなりの利益をあげている方も多いのではないでしょうか。

順張りと逆張りで安定する株式投資 年利40%の秘密

しかし、一方では、5月下旬から始まった株式市場の急落で利益の大半を失ってしまった方もいるそうです。

順調に利益をあげているトレーダーがいる一方で、稼いだ利益をすぐに吐き出してしまうトレーダーもいますが、両者の違いはどこにあるのでしょうか?


本DVDでは、今年のようにボラティリティの高い相場でも、利益をあげつつ、稼いだ利益を守るための戦略についてお話します。(個別株が対象)
相場が良いときには稼げるのに、相場が悪くなると大きく損をしてしまうという方は是非、注目していただければと思います。


負け組からの、株勝者への道
2014.01.18 Sat l セミナー紹介 l top
生涯現役の株式トレード技術 悟り編


DVD 生涯現役の株式トレード技術 悟り編

5%~10%程度の利益を着実に取り続ける建玉法

■講師/優利加先生からのコメント

株式トレードにおける「悟り」とは、殆ど迷いなく「やるべきこと」を実行し、
「やるべきでないこと」は敢えてしないという習慣を身に付けた境地のことです。
株式トレードに限らず、何事も上達するためには、
(E)目的と照らし合わせて正しいことを、(E)より少ない時間と労力で行い、
(P)期待した結果が出るまで途中で諦めずに継続できるようにすることです。
目的と照らし合わせて正しいことをするためには、原理・原則の理解が、
そしてその正しいことをより少ない時間と労力で行うためには基本の理解が不可欠です。
原理・原則と基本を無視した我流は羅針盤と舵の壊れた船のように彷徨い、
相場という荒くれた大海に翻弄され、漂流し続けます。
運が悪ければ座礁し、時には沈没して相場から短期間で退場に追い込まれます。

そもそも、人生も相場もたった二つのことから成り立っています。
(1)「自分ではコントロールできないこと」と、
(2)「自分でコントロールできること」の二つだけです。
相場の未来は予測不可能ですが、相場全体の大局判断、銘柄選択、銘柄入れ替え、
建て玉操作、資金管理などは100%自分の意思でコントロールできます。
殆どの投資家は前者(1)の「自分ではコントロールできないこと」を
一所懸命コントロールしようと情報収集に躍起となり、
時間とエネルギーを空しく浪費する一方で、
(2)の「自分でコントロールできること」は殆ど放ったらしにしています。
我々、相場実践者としてのトレーダーが現実的にできる最大限のことは
後者(2)の「自分でコントロールできること」に
時間とエネルギーを集中させることです。

勿論、相場にはノイズも頻繁に発生するので、
結果的に自分が取ったポジションと反対方向へ動くことも少なくありません。
その場合は、逆指値で保険を掛けておけば良いだけのことです。
これにより合成オプションが自分で作り出せ、もし、
上昇下落の確率がともに50%なら、期待値は必ずプラスとなります。
確率的に優位性があれば、何十回、何百回、何千回と繰り返し継続すれば、
原理・原則と基本に則って行うわけだから、損小利大が実現できます。

確率的に優位性があるトレードとは、
勝率の高い局面で、勝率の高い銘柄を仕掛け、欲張らずに利益確定すること、
これを淡々と実行し、それを繰り返し継続することです。
そのためには、株価の原理・原則と基本を理解した上で、
原理・原則と基本と照らし合わせて
過去の株価の動きを自ら手間暇かけて検証することが必須です。

殆どの個人投資家は株価には原理・原則と基本があることすら知りません。
さらに、検証作業も怠っています。
それにもかかわらず欲深く良い結果だけを渇望します。
ゴルフを例にすると、スウィング理論も理解しようとせず、
ドライビングレンジでの練習も怠け、ぶっつけ本番でコースに出て
我流で常にシングルプレーヤーかプロのようなスコア―が取れるかもしれない
とう幻想を抱き続けるようなものです。
しかし、現実はそんなに甘くないことを自ら嫌というほど体験しているはずです。
しかし、株式トレード(投資)においては、
圧倒的大多数の個人投資家は、この淡い幻想を抱き続けています。
ここに株式トレードで上達できない最大の原因があります。

森羅万象には全て、まず原因があり、過程があり、そして結果が現れます。
悪い結果にはその悪い原因と、その悪い過程があります。
この因果関係を理解すれば、物事が期待通りに行かないとき、
それを改善する手掛かりが見つかり、解決のための創意工夫ができます。
株式トレード(投資)でも全く同様であり、
その成果を改善するためには因果関係の理解が不可欠となります。
そして、株価の因果関係の理解のためには、
株価の原理・原則と基本の理解が必要となってきます。

株価の原理・原則とは、株価がどのような原理で決まり、
なぜ、どのように、その株価が変動するのかというメカニズムのことです。
基本とは、そのような原理・原則を理解した上で、
その知識をどのように具体的な行動に落とし込むために定石化するかということです。
この「悟り編」DVDでは、そのための方法論を体系的に説明しました。

優利加

角山智氏からの推薦
手法としては「2週間程度の売買で月5~10%の利益を重ねるトレード」ですが、DVDでは理論株価の計算式やマクロ経済の見方など、ファンダメンタル分析にも相当の時間を割かれていました。

そういうこともあり、あらゆる層の個人投資家にとって、参考になるDVDです。とりわけ、未だにリーマン・ショックの後遺症に苦しんでいる投資家にとっては、よき処方箋になるかもしれません。 (全文を読む)

■ プログラム 序章
なぜ上手くトレードできないのか?

・問題解決のためにすべきことは
・初心者がつまづく3つの問題
・迷いを断ち切るためにすべきことは
・株式相場で成功するために
・何故、戦略が重要なのか?
・良い株式トレード銘柄とは何か?―1
・良い株式トレード銘柄とは何か?―2
・株式トレードにおける収益の源泉を考える
・成功する人としない人の決定的な違いとは
・成功方程式EEPとは?
・EEPのP(persistent、perseverant)が極めて重要
・人生も相場もたった2つの要素から成る
・投資リスクも2つの要素しかない
・単なる知識から技能、技術へ高める

第1章
株式トレードはビジネスである

・株式トレードはビジネスである―1
・株式トレードはビジネスである―2
・ビジネスとしての株式トレードの特徴
・人生もビジネスも相場もなぜ難しいのか・・・本質は皆同じ
・本質を見抜いて不動の軸を確立する!
・戦略はMOSTで考える
・目標はSMARTに決める!
・現状分析はSWOTで考える

第2章
株価の原理・原則と基本

・株価はどのように決まるか?
・株価はなぜ変化するか?
・株価はどのように変化するのか?
・どのように変化を読むか?
・お金の将来価値FVと現在価値PV-1
・お金の将来価値FVと現在価値PV-2
・お金の将来価値FVと現在価値PV-3
・お金の将来価値FVと現在価値PV-4
・お金の将来価値FVと現在価値PV-5
・お金の将来価値FVと現在価値PV-6
・お金の将来価値FVと現在価値PV-7
・お金の将来価値FVと現在価値PV-8
・定率成長モデル-1
・定率成長モデル-2
・定率成長モデルで株価を評価する-1
・原理・原則と基本が大切
・補講:フリーキャッシュフロー:FCFF-1
・補講:フリーキャッシュフロー:FCFF-2
・補講:事業価値から理論株価へ
・補講:負債資本コスト
・ベータとは-1
・ベータとは-2
・ベータとは-3
・ベータをエクセルで計算する
・株主資本コスト
・株主資本コストの計算
・補講:加重平均資本コスト(WACC)とは
・補講:WACCの計算例-1
・補講:WACCの計算例-2
・物理学の「くりこみ理論」
・エクイティ・キャッシュフロー:FCFE-1
・エクイティ・キャッシュフロー:FCFE-2
・エクイティ・キャッシュフロー:FCFE-3
・エクイティ・キャッシュフロー:FCFE-4
・補講:エクイティ・キャッシュフロー:FCFE-5
・補講:エクイティ・キャッシュフロー:FCFE-6
・エクイティ・キャッシュフロー:FCFE-7
・補講:エクイティ・キャッシュフロー:FCFE-8
・補講:エクイティ・キャッシュフロー:FCFE-9
・補講:エクイティ・キャッシュフロー:FCFE-10
・残余利益モデル―1
・補講:残余利益モデル―2
・補講:残余利益モデル―3
・日経平均の理論株価の考え方 FCFE
・定率成長モデルで株価を評価する-2
・日経平均の理論株価計算例-1 定率成長モデルA
・日経平均の理論株価計算例-2 定率成長モデルB
・日経平均の理論株価計算例-3 定率成長モデルC
・日経平均の理論株価計算例-4 残余利益モデル
・日経平均理論株価推移-1 2008年上半期
・日経平均理論株価推移-2 2008年下半期
・個別銘柄の理論株価も計算できる-1
・個別銘柄の理論株価も計算できる-2
・個別銘柄の理論株価も計算できる-3
・株価評価モデルの限界
・コラム:株価の本質⇒人材価値の本質-1
・コラム:株価の本質⇒人材価値の本質-2
・コラム:株価の本質⇒幸せの意味-1
・コラム:株価の本質⇒幸せの意味-2

第3章
株価を動かす最大要因を理解しているか?

・株価を動かすものは何か?
・外部環境分析はPESTで考える
・市場リスク
・短期的に株価を動かす主要因は何か?
・日本経済の景気循環をどう読み取るか?
・景気循環の種類
・マクロ経済の変化はどのように読めるか?
・有効求人倍率-1
・有効求人倍率-2
・有効求人倍率-3
・≪GDPの三面等価とは≫
・鉱工業生産指数-1
・鉱工業生産指数-2
・鉱工業出荷指数-1
・鉱工業出荷指数-2
・鉱工業在庫指数-1
・鉱工業在庫指数-2
・企業業績上方修正率
・日経平均ベース予想EPS
・米国鉱工業生産指数&設備稼働率
・米国失業率

第4章
実戦的チャートの読み方

・チャート・リーディングの本質を考える
・株式相場の考え方⇒見方
・一番大切なものはトレンドライン
・物理学の相転移と株価のトレンドライン
・企業業績レベルのファンダメンタルズで裏付けを取る:日経平均ベース予想EPS
・企業業績レベルのファンダメンタルズで裏付けを取る:日経平均ベース予想PBR
・企業業績レベルのファンダメンタルズで裏付けを取る⇒業績上方修正率
・マクロ経済レベルのファンダメンタルズで裏付けを取る⇒景気動向指数とは?
・マクロ経済レベルのファンダメンタルズで裏付けを取る⇒景気動向指数の読み方
・景気動向指数の変化を読む実例-1
・景気動向指数の変化を読む実例-2
・景気動向指数の変化を読む実例-3
・景気動向指数の変化を読む実例-4
・裁定取引の影響-1
・裁定取引の影響-2
・裁定取引の影響-3
・裁定取引の影響-4
・株価テーマ・材料-1
・株価テーマ・材料-2
・株価テーマ・材料-3
・株価材料の判断例-1
・株価材料の判断例-2
・株価材料の判断例-3
・株価材料の判断例-4
・株価材料の判断例-5
・株価材料の判断例-6
・原油相場(WTI)
・円ドル相場
・資源関連銘柄:AOCHD
・資源関連銘柄:新日鉱ホールディング
・石油関連銘柄:新日本石油
・石油関連銘柄:コスモ石油
・代替エネルギー関連銘柄:千代田化工建設
・エネルギー関連銘柄:三菱商事
・非鉄金属銘柄:三菱マテリアル
・海運:日本郵船
・海運:商船三井
・空運:ANA

第5章
銘柄選択

・株価のバリュードライバー
・線形回帰トレンドとは
・ボラティリティとは
・補講:ボラティリティとは-2
・補講:ボラティリティとは-3
・銘柄選択の流れ:上昇相場
・36業種別相対順位推移090518~090727(上)
・36業種別相対順位推移090518~090727(下)
・銘柄選択の流れ:下落相場
・定率成長モデルで株価評価-1
・定率成長モデルで株価評価-2
・定率成長モデルで株価評価-3
・定率成長モデルで株価評価-4
・株価を分解する-1
・株価を分解する-2
・補講:株価を分解する-3
・補講:株価を分解する-4
・補講:株価を分解する-5
・補講:株価を分解する-6
・補講:株価を分解する-7
・補講:株価を分解する-8
・補講:株価を分解する-9
・補講:株価を分解する-10
・補講:株価を分解する-11
・補講:株価を分解する-12
・補講:株価を分解する-13
・株価を分解する-14
・リターン・リバーサル例 業種別2008年10月24日~2009年3月10日
・リターン・リバーサル例 業種別2009年3月10日~2009年6月30日
・株価サイクルと有効な銘柄選択の型
・株価サイクルに応じた銘柄選択例-1
・株価サイクルに応じた銘柄選択例-2
・株価サイクルに応じた銘柄選択例-4
・補講:相関係数とは
・銘柄選択実例(安値圏反発)-1
・銘柄選択実例(安値圏反発)-2
・銘柄選択実例(安値圏反発)-3
・宇宙を構成する4つの力
・重力
・電磁力
・弱い力
・強い力
・宇宙を構成する4つの力と株価

第6章
建て玉相場

・少数限定銘柄←→旬な銘柄-1
・少数限定銘柄に特化する
・常に旬な銘柄を渡り歩く
・少数限定銘柄←→旬な銘柄-2
・逆張り←→順張り
・ポジションを持ったら株価の動きは5通り-1
・ポジションを持ったら株価の動きは5通り-2
・建て玉法の基本
・福沢諭吉「商人訓」
・何故、逆指値が効果的なのか?-1 買い玉
・何故、逆指値が効果的なのか?-2 空売り玉
・建て玉法の注意点
・株式相場のやり方
・相場位置とキャッシュポジション

第7章
感情のコントロール-1

・感情のコントロール-1
・感情のコントロール-2

第8章
モチベーションが人生を決める


・結局、株式トレードとは何か?

第9章
練習法(旬な銘柄を手掛ける場合)


第10章
幸せになるためには何が必要か?


第11章
大切なのは方法論だ!

・大切なのは方法論だ!-1
・大切なのは方法論だ!-2
・大切なのは方法論だ!-3
・大切なのは方法論だ!-4
DVD 生涯現役の株式トレード技術 悟り編





石田高聖の投資塾
個人投資家の為のトレーダーズショップ
2011.04.01 Fri l セミナー紹介 l top
金融バブルが崩壊しても通用した夕凪流「イベント投資法」

DVD 金融バブルが崩壊しても通用した夕凪流「イベント投資法」

株主優待・コバンザメ投資・公募増資で資産を増加させる!

■ 講師/夕凪先生からのメッセージ

公開します。金融バブルが崩壊しても通用した「イベント投資法」

- あなたの資産を増加させる3つの株式投資イベント -

個人投資家・機関投資家に関わらず、ある事情が発生すると、株価がどんな状態にあろうとも、
どうしても買わなければならない、
どうしても売らなければならない状況に追い込まれます。

その事態が集中した時に、まったくデタラメに動いているように見える株価が、
突然生き物のように規則性をもって一方向に動き出します。
それはバブルの真っ最中であろうが、崩壊途中であろうが市況を選びません。
この現象は、ある特定の株式投資イベントによって誘発されやすくなります。

そこで本DVDでは、数ある株式投資イベントの中でも、
金融バブルのみならず、ライブドアショック前から、
変わらず有効に機能しつづけている3つの株式投資イベントをご紹介致します。

お陰様で私の株式投資資産は2004年以降毎年増え続け、2009年は年初の3倍になりました。
(正直2009年は出来過ぎです。普段は年率40%を目指しています)

■ DVDのポイント

本DVDでは一般的な内容に加え、
「明日からでも使える情報」についてもいくつかご紹介を予定しています。
具体的には以下がその一部です。

株主優待については、
本DVDの収録日がちょうど株主優待権利日に向けた値動きが活発化する時期であり、
豊富な銘柄が揃っていますので、優待銘柄を対象に以下についてご紹介します。

(1)株価上昇を期待する場合、どの銘柄が狙い目となりそうなのかとその理由。
(2)優待タダ取りとその注意点
(3)取って楽しい優待銘柄について

コバンザメ投資については、新日本石油と新日鉱HDの合併、
三菱レイヨンのTOB上場廃止による日程平均株価の臨時入れ替え時期に該当しますので、
これらに関わる事についてお話しします。

増資・売出については、
今話題の「ライツ・イシュー」による増資が行われた場合の株価の値動きについて、
大胆に予想してみます。
DVD 金融バブルが崩壊しても通用した夕凪流「イベント投資法」
2010.05.16 Sun l セミナー紹介 l top
順張り&逆張りシステムトレードセミナー

斉藤正章の毎年100%を目指す!
2010年まで勝ち抜く戦略を学ぶ 順張り&逆張りシステムトレードセミナー


投資で年利数百パーセントをあげた斉藤正章氏が最強のノウハウを公開。

●どんな下落相場でも勝ち続ける戦略
・過去24年間以上無敗!勝率80%の逆張り投資法
・銘柄をスクリーニングしよう
・ケーススタディ
・逆張り投資法のメリットとデメリット

●目的に合わせた運用モデルを構築しよう
・運用方針は人によって千差万別
・どこまでリスクをとるか
・そのまま実行するだけの機械的運用モデルの提案
(1)利回りを重視する人の積極運用型モデル
(2)ドローダウンを避けたい人の安全運用型モデル



株之助のデイトレード
石田高聖の投資塾
個人投資家の為のトレーダーズショップ
負け組からの、株勝者への道
2010.05.16 Sun l セミナー紹介 l top
280%の売買構築公開 高勝率・高利益率

280%の売買構築公開 高勝率・高利益率 創意工夫のシステムトレードセミナー


ロジックを公開し過ぎた幻のセミナー!
生身の売買手法のアイデア創出方法を学ぶ!!


DVD 280%の売買構築公開 高勝率・高利益率 創意工夫のシステムトレードセミナー

■ 本DVDで学べること

* 日経225先物・東証株価指数(TOPIX)先物のDayトレード手法のアイデア。
* またそれら手法へ行着く過程のシステムトレード制作過程の実演とアイデア。
* コモデティ(商品)研究から派生した225先/Topixトレードの一角流の着眼点。
* やってはいけないこと。

■ 講師/一角先生からのメッセージ

■日経225先物・東証株価指数(TOPIX)先物の
システムトレード売買構築プロセスの実況的な公開&売買モデルの一部開示!!

本テーマは、これまでほとんど語らなかった部分ではあります。

イチローの打法はオリジナリティがあります。
同じく私の方法もオリジナリティ性が強いもので、統計学、数学、標準化といった一般的な
既存の論理的判断で組成してゆく方法論から乖離しているでしょう。
そういった非論理的なことに偏重を感じる方々には不向きかもしれません。
つまり「くだらん!」といった具合です。
しかしその中から、感じ取って自分のものにし、成功をしているトレーダーもいます。
混沌の中から掬(すく)いだしたノウハウが「キテレツなトレード」=エッジとして機能する可能性があるものです。
これが差別化を生み出すといっても良いのです。

評論家やエコノミストの解説でなく、数字だけの架空のものでなく、生のトレードを通して成功と失敗をくりかえし、試行錯誤をし行きついた方法をみられます。

このたびパンローリングさんの強いご依頼もあり具体的に、
時間を使いエクセルをご覧いただきながらそのプロセスをみられます。

私が日夜に売買システムを作成しているところをそのままセミナーで再現予定。
これは頭と集中力をかなり使う作業で、公開実演は大変困難ではあり、初めての試みとなります。
今後はしないつもりです。

さらに、骨頂である商品での考え方が、225やTOPIXへ応用できるか、またはその逆は出来るかも見てゆきます。
この数年、株式市場は緩慢にあるいは急激に下げているのでショート有利に決まっている。
これはおしなべてシステムトレード制作でショートの観念が入りそれが適応されていくはずで、検証してもショートシステムが勝率が高くPF(プロフィットファクター)も高いはず。

しかし環境が変わった時もろく、その度合いに応じて崩れ去るシステムになる可能性も高いのです。
最近、複数の売買を組み合わせて有利な売買手法を提示しているものを目にしますが、今更何をとも思いますが、これも1つのシステム手法でもあります。
よって日経225先やコモデティとの組み合わせも解説します。

「やってはいけない」ところでは実際の動的シミレーションで再現してみます。

最後に
当セミナーで生身の売買手法のアイデア創出方法やその勘所を知ること
ができるでしょう。

セミナー参加の皆様のヒントになれば幸いです。
DVD 280%の売買構築公開 高勝率・高利益率 創意工夫のシステムトレードセミナー







280%の売買構築公開 高勝率・高利益率

280%の売買構築公開 高勝率・高利益率 創意工夫のシステムトレードセミナー



株之助のデイトレード
石田高聖の投資塾
個人投資家の為のトレーダーズショップ
負け組からの、株勝者への道
株から、IPOへ
2009.08.01 Sat l セミナー紹介 l top
斉藤正章のシステムトレードマスター講座

最強の売買システムを追求する!! 斉藤正章のシステムトレードマスター講座



斉藤正章氏の最強のシステムを知ってみたいと思いませんか?

■序章 システムトレード入門【株&日経225先物】

 これからシステムトレードを始める方や初心者のために、最初の数十分を使ってシステムトレードに関する
  基礎的な知識を身につけていただくことを目的とします。

 <講義予定>
  ・システムトレードとは?
  ・期待値の話
  ・バックテストの実践
  ・検証結果の考察
  ...etc

■第1章 システムトレード基礎編【株】

 個別株を対象に、本講義のベースとなる2種類のシステム(売買ルール)について、それぞれの特徴やパフ
  ォーマンスを解説します。
  また、システムのパフォーマンスを向上させるために、どのようなものをアイデアとして取り込むことがで
  きるかについてもお話させていただきます。

 <講義予定>
  ・逆張りシステムの解説
  ・順張りシステムの解説
  ・資金管理の基礎
  ・システムに取り入れることのできるアイデア
  ...etc

■第2章 システムトレード実践編【株】

 本章での最大のテーマは「最強のパフォーマンスを追求すること」です。
  当日の講義では基本的な逆張りと順張りのシステムを例に解説させていただきますが、 ここでお話しするア
  イデアの多くは皆さんが今後、オリジナルのシステムを作る際にも有効です。
  多くのシステムがやや苦戦を強いられている2008年の相場でも通用するルールとは・・・?

 <講義予定>
  ・売買ルールの改良でパフォーマンスをアップ!
  ・もっとも有利な銘柄の選定法(優先順位)とは?
  ・市場別に有利不利はあるか?
  ・静的(固定型)シグナル数フィルターの解説
  ・動的(変動型)シグナル数フィルターの解説
  ・発注方法の工夫(指値や寄り指値など)でパフォーマンスのアップは可能か?
  ・複数のシステムをスイッチするタイミング
  ・さらなる有効なフィルターの考案にチャレンジ
  ・最強のルールを追求する
  ...etc

■第3章 システムトレード基礎編【日経225先物】

 日経225先物を対象に、数種類のシステム(※未公開のものを含む5種類前後を予定)について、それぞ
  れの特徴やパフォーマンスを解説します。
  基本的には日足をベースとしたシステムですが、一部に分足を使用したシステムも公開する予定です。

 <講義予定>
  ・日経225先物と株によるシステムの違い
  ・日足と分足を使ったシステムの特徴
  ・売買システムの解説
  ...etc

■第4章 システムトレード実践編【日経225先物】

 第3章で解説したシステムを使用して、効率的に運用するための実践的な内容を解説します。
  長期間にわたってパフォーマンスを継続するための最適化についても積極的な検証を行っていきます。

 <講義予定>
  ・複数システムの組み合わせによる運用方法
  ・資金管理と売買シミュレーション(枚数の決め方)
  ・システムの最適化にチャレンジ
  ・カーブフィッティングは悪か?
  ・毎日の売買シグナルを自動算出
  ...etc

■第5章 株&日経225先物によるシステムトレード運用法

 株と日経225のシステムを使って、もっとも効率的なパフォーマンスで運用する方法を追求していきます。
 徹底的に利回りを重視する方法、とにかく資産変動が少なく安定的に運用する方法など、個人個人の要望に
  合わせた様々な運用方法を提案させていただきます。

 <講義予定>
  ・株と日経225先物の併用効果
  ・株と日経225先物を運用する際の最適な比率とは?
  ・資金量に最適な運用モデルの構築
  ・結局、最強のシステムとは何か?
  ...etc

質疑応答

※記載されている講義内容については変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
斉藤正章氏の最強のシステムを知ってみたいと思いませんか?







斉藤正章のシステムトレードマスター講座

最強の売買システムを追求する!! 斉藤正章のシステムトレードマスター講座
2009.05.24 Sun l セミナー紹介 l top
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃第16回JCMクラブ勉強会  『アジアのPEファンド』追加セミナー ┃

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


シンガポールのGITキャピタル社の著名なファンドマネージャーであるチャン・ミン・フォン氏を招き、アジア圏内の未公開成長企業に投資するプライベートエクイティファンドについてお話を伺います。アジアに注目されている投資家の方にはチャンスです!




詳細ページ■テーマ:『アジアのプライベートエクイティ・ファンドについての勉強会』大好評につき追加セミナー開催決定!


高水準の経済成長率を続けるインドや中国。中でも中国はオリンピックを控えそれに向けて急発展し、国民の所得も増え始め自転車社会から車社会へ、都市部では高層ビルの建設競争が何年も前から始まっており、まだまだ成長するだろうと思う人は多いのではないかと思います。インドだって負けていません。高齢化する中国社会の反面、インドでは若い労働力が年々増えると予想されており、IT産業も依然として強い成長をし、日本からも続々と、インドへ多くの企業が進出しております。これらの2つの大国以外にも、アジアには高いポテンシャルを持った企業が無数に存在し、各国の発展を牽引しています。 それらの企業の多くが目指すのがIPOです。ご存知のとおり、世界中でアジアの優良な成長企業が上場する大公開時代が間もなくやってきます。



そこで今回は15年間国内外の金融機関で最先端の金融、証券及び信託業務のノウハウを蓄積、アジアの投資に精通したシンガポールのGITキャピタル社の著名なファンドマネージャーであるチャン・ミン・フォン氏を招き、アジア圏内の未公開成長企業に投資するプライベートエクイティファンドについてお話を伺います。アジアに注目されている投資家の方々には絶好のチャンスです!お見逃し無く!!



日時: 12月5日(火) 19時00分開始


■ 参加費: 無料


■ 会場:赤坂インターシティー3F

ジェイキャピタルマネージメント大会議室
■ 主催: JCM シンガポール
●お申込はこちらから


"http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=10BQU0+5CB16A+ZB4+614CY" target="_blank"※セミナーには定員がございますので、お早めにご応募下さい。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
Tarochang.comとは…
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

Tarochang.comでは、海外金融情報はもちろん、海外銀行口座の開設方法から海外保険の情報まで豊富な情報が掲載されています。
また金融・投資ニュース、経済ニュース、企業ニュースなども随時更新しており情報量は非常に豊富。

資産運用や、海外投資にご興味のある方、また興味はあるけれどまだよく分からないという方、是非一度見に来てください。

またさらに詳しい情報が欲しいという方に、月に1~3回程度の無料セミナーを開催。



セミナー情報はこちらよりご覧下さい。

[●詳細ページ

2006.11.24 Fri l セミナー紹介 l コメント (0) トラックバック (0) l top
早くも、来年のセミナーの紹介ですが、
あの竹中平蔵さんの話聞けるようです。

 そうです、前総務大臣で、小泉内閣の大黒柱だった
 竹中さんの話聞ける機会なんて、めったにないはず。

  しかも、無料です。
      (応募者多数の場合は抽選)

  「新春経済講演会

   日時  平成19年1月6日(土)午後2時より

   場所  東京 ホテルニューオータニ

   講師  竹中平蔵氏(慶応大学教授 前総務大臣)
        「日本経済の展望」

       藤巻健史氏(フジマキ・ジャパン代表取締役)
         「ディーラーの見た
          今後の経済・マーケット予想」

     無料ご招待!!

     800名まで、参加可能のようです。

  メディアでも、よく登場されてます
  藤巻健史氏の生の話も聞けるし、新年早々
  有意義な時間になりそうです。

  お申し込みは、
  「インヴァスト セミナー」で検索するようです。

  ビックな、お二人のセミナー参加しましょう。
ワンタッチで専門学校やスクールの資料を一括請求!

   
  
2006.11.23 Thu l セミナー紹介 l コメント (0) トラックバック (0) l top
これからの中国を、もっと知りたい方へ
今回は、東洋証券の中国セミナー紹介です

 東洋証券 創業90周年・上場20周年記念セミナー開催です。

  「中国企業IR説明会

      H株・B株上場企業4社
 
  11月24日(金) 開催地 東京
           ホテルパシフィック東京
   定員 300名

  
  「2007年の中国経済の動向を語る

  11月25日(土) 開催地 大阪
           大阪市立 中央区民センター
   定員 300名
 
  12月2日(土)  開催地 広島
           広島国際会議場
   定員 400名

  12月9日(土)  開催地 名古屋
           名古屋東急ホテル
   定員 250名

  12月16日(土) 開催地 東京
           経団連会館
   定員 300名
 
   1月13日(土) 開催地 山口
           ホテルニュータナカ
   定員 200名

  中国を知るチャンスです。

  ぜひ、東洋証券の中国セミナーを利用しよう
国内株も中国株も内藤証券

平成18年7月より、日本株の取引手数料を業界最低水準に値下げ!
さらに1日の売買代金合計額で手数料がきまる「1日定額プラン」も導入。
平成7年に日本の証券会社としては初めて、上海証券取引所よりB株取扱いの域外代理商認可を取得。
日本国内で中国株式のパイオニアとして活躍しており、取扱高は国内トップクラスを誇る。

     
      
2006.11.03 Fri l セミナー紹介 l コメント (0) トラックバック (0) l top
丸の内キャリア塾スペシャルセミナーが開催されます。

 第1部の基調講演では、
 
 金融やコンサルティング業界でキャリアアップを重ねながら、
 ワーキングマザー向け「ムギ畑」を主宰している勝間和代さんに、
 スキルアップに役立つ実用的なアドバイスや、個人のライフプラン
 に合わせたキャリアアップ実現のお話を伺います。
 
 第2部は、

 女性が働きやすい環境作りに積極的な企業の人事・採用担当の方々
 による、ダイバーシティ時代の女性のキャリアデザインをテーマに
 したディスカッションです。
 コーディネーターは、「宣伝会議」編集長の田中理沙さんです。

 日時 10月14日(土)13時30分~16時
 
 場所  丸の内MY PLAZAホール

 受講料  無料   定員 300名(女性限定)

 応募締め切りは 10月5日(木)

 申し込みは、インターネットより
 日本経済新聞社のホームページまで。
日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場


自家焙煎最高級珈琲プレゼント


2006.09.30 Sat l セミナー紹介 l コメント (1) トラックバック (0) l top