フィボナッチ逆張り売買法

フィボナッチ逆張り売買法 パターンを認識し、押し目買いと戻り売りを極める

フィボナッチ逆張り売買法 パターンを認識し、押し目買いと戻り売りを極める

従来のフィボナッチ法とは一味違う!!
フィボナッチ比率で押しや戻りを予測して、トレードする!
デイトレード(5分足チャート)からポジショントレード(週足チャート)まで売買手法が満載!

トレーディングはけっして簡単なことではないが、それでも正しいアプローチで臨めば成功することができる。このことをだれよりもよく知っている本書の2人の著者は、トレーダー兼トレーダーの教育者として、パターン認識のアプローチによってマーケットから一貫して利益を引き出してきた。

テクニカルパターンの分析を扱った本書には、今まであまり知られていなかったいろいろなパターンの形成を見極め、それを効果的にトレードする方法が述べられている。そうしたパターンのなかにはかなり以前から多くのトレーダーたちが利用してきたものも含まれるが、本書で焦点が当てられているのは幾何学的なパターンとフィボナッチ比率に基づいたトレード方法である。本書には株式や株価指数をはじめ、その他のFXや商品先物などいろいろな銘柄とあらゆる時間枠のチャートに形成されるパターンがふんだんに盛り込まれている。そうした幾何学的なパターンの形成プロセスとそのトレードの仕方が分かれば、パターン認識とそのトレードはぐっと身近なものになるだろう。不安定なマーケットでは買いと売りを自在に操ることが資産を築く第一歩になる。本書の主な内容は次のようなものである。

* AB=CD、ガートレー222、バタフライ、三段上げ・三段下げなどの幾何学的なパターンをはじめ、その他の伝統的なテクニカルパターンの分析とフィボナッチ比率に基づいたトレード方法
* トレンド相場を見極め、その方向に沿ったフィボナッチ比率による押し目買い・戻り売りの方法
* フィボナッチ比率に基づいたオプションのトレードの方法

このようなテクニカルパターンのトレードで利益を上げるには、それぞれのパターンの特徴をよく理解し、正しいトレードマネジメントのルールを適用しなければならない。本書にはそのためのトレーディングプランの作成法、確率で考えることの大切さ、資金とリスクのマネジメント、仕掛けと手仕舞い・ストップロスの位置・利益目標値の設定などの方法が詳述されている。このほか、トレーディングをひとつのビジネスとして考えること、不測の事態に対する対処法などにも詳しく言及されている。長年にわたるマーケットの経験と知恵に裏付けられた本書は、トレードの初心者はもとより、ベテラントレーダーにとっても実用的で、ワンランク上を目指す者には必携のハイレベルなトレードの指南書となるだろう。
本書の賛辞
「パターン認識のテクニカルトレーディングに関する素晴らしい本だ。いろいろなチャートが満載されているのもいいね」――マーク・ダグラス氏(『規律とトレーダー』『ゾーン』の著者)

「本書には2人の優れたトレーダーのパターン認識とテクニカル分析の知恵が随所に盛り込まれている。いろいろなパターンのフィボナッチ比率に基づくトレード手法のほか、トレーディングで成功するための心の準備といった問題も取り上げられている。トレードの初心者はもとより、ベテラントレーダーにもぜひとも読んでほしい一冊である」――ジョン・ヒル・フューチャーズ・トゥルース社社長

「本書は当社のテクニカル分析のアプローチには欠かすことができない。新しい視点のトレード手法が詳述されている本書は、すべてのトレーダーの本箱に置かれるべきだ」――クレイグ・コロンブス・アドバンスト・エクイティーズ・アセット・マネジメント社社長兼チーフマーケットストラテジスト

「ペサベントとジョウフラスは本当に良い仕事をしてくれた。トレーディングで自信をつけるにはまずは本書を読めと言いたい」――ディクスン・ヤップ・トレーダーズ・ジャーナル誌編集長

「本書にはベテラントレーダーをもうならせる深いトレーディングの知識が盛り込まれている」――ダー・ウォン氏(アキュート・プレシジョン&スタディーズ・リサーチ社)


目次
第1部 パターン認識に基づいたトレードについて
第1章 はじめに
第2章 幾何学的なパターンとフィボナッチ比率
第3章 調和のとれた数字とその使い方
第2部 いろいろなチャートパターンとそのトレード方法
第4章 AB=CDパターン
第5章 ガートレー222パターン
第6章 バタフライパターン
第7章 三段上げ・三段下げパターン
第8章 フィボナッチ・リトレイスメントに基づいたトレードといろいろな時間枠のチャートの使い方
第9章 伝統的なテクニカルパターン
第10章 トレンドデイの理解とそのトレード
第3部 トレーディングでの大切な条件
第11章 トレードマネジメント
第12章 フィボナッチ比率に基づいたオプションのトレード
第13章 トレーディングプランの構築
第14章 毎日すべきこと

著者紹介
ラリー・ペサベント(Larry Pesavento)
40年のキャリアを持つベテラントレーダーで、商品先物取引委員会(CFTC)、全米先物協会(NFA)、証券取引委員会(SEC)の登録会員。インディアナ州立大学で薬学士とMBA(経営学修士)の学位を修得。著書は『Astro-cycles : The Traders Viewpoint』『Fibonacci Ratios with Pattern Recognition』『Essentials of Trading』など多数。そのウエブサイト(http://www.tradingtutor.com)を通じて、多くのトレーダーたちにマーケットの分析情報を提供している。トレーディングに関する定期講演を行っているほか、大きなヘッジファンドも運用している。そのパターン認識のアプローチはマーケットのランダムなノイズを排除し、利益の源泉にストレートに切り込むものである。

レスリー・ジョウフラス(Leslie Jouflas)
1996年からトレードを始め、17年にわたる航空会社勤務を経て2000年にプロのトレーダーとなる。最初は株式と株式オプションをトレードしていたが、現在は主にミニS&P500先物や商品先物をトレードしている。その研究分野はエリオット波動、オプション戦略、モメンタムトレード、伝統的なテクニカル分析、フィボナッチ比率に基づくパターン認識など広範にわたる。トレーダーズ・ジャーナルなどいろいろなトレーディング専門誌に執筆しているほか、『Essentials of Trading』の共著者。そのウエブサイト(http://www.tradingliveonline.com)を通じて、トレーディングコーチとして若いトレーダーたちの指導に当たっているほか、自己資金も運用している。
フィボナッチ逆張り売買法 パターンを認識し、押し目買いと戻り売りを極める






フィボナッチ逆張り売買法

フィボナッチ逆張り売買法 パターンを認識し、押し目買いと戻り売りを極める
2009.08.22 Sat l 株式投資 l top