上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
楽天が急反落、業務一部停止命令で

マネックスG(8698)、楽天が急反落、業務一部停止命令で


マネックスグループ <8698> が810円安の2万4150円と7日ぶりに急反落。朝方から売りが先行し、460円安の2万4500円で寄り付いた後、2万4100円まで下げ幅を拡大している。また、楽天 <4755> も400円安の4万7100円で寄り付いた後、4万6200円まで下げ幅を大幅に拡大し、4日ぶりに急反落している。金融庁が24日、マネックスグループ傘下のマネックス証券及び楽天傘下の楽天証券の2社に対し、業務の一部停止命令を発表したことが嫌気されている。

 証券取引等監視委員会が、「システム障害の発生を未然に防ぐ体制が不十分だった」などとして処分を勧告していたもの。停止期間はマネックス証券が4月1日から6月30日まで3カ月間、楽天証券は4月から1カ月。

 マネックス証券では前日大引け後、「本年3月13日、証券取引等監視委員会から金融庁長官などに対し、『電子情報処理組織の管理が十分でないと認められる状況』であるとして行政処分を行うよう勧告されていたが、24日、金融庁より『システム整備を伴う新たな業務展開(金融庁が個別に認めたものを除く)の停止』及び『業務改善命令』という処分を受けた」と発表している。(ストック・データバンク&チャートブック編集部)
2009.03.26 Thu l 楽天 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。